マンション購入の注意点解説中央区の場合

東京都中央区の住宅の状況は大きく分けると八重洲エリアや銀座エリアや人形町エリアのように商業エリアに近いところが上げられます。このエリアは、新築であれば坪平均450万円以上のものばかりになります。3LKDになればほぼ1億円以上のものになります。なかなかサラリーマンには手を出せる額ではなくなってきます。それに比べて晴海エリアのようなマンションは、新築だと坪350万円ほどで販売されております。このエリアのものであればサラリーマンでも十分購入できる可能性がある額といえるでしょう。特に夫婦共働きであれば、東京で正社員として仕事している二人であればほとんどの人が購入することが可能ともいえます。今回は、この二つのエリアにわけて別々に説明をしていきます。

晴海エリアのマンションの注意点

東京都中央区の晴海エリアのマンションは、東京駅から3キロメートルと近い距離にあります。銀座エリアからも2.5キロメートルと非常に近い場所にあります。それに比べて交通の便が悪く放置されていたエリアといえるでしょう。そして、このエリアにはこの数年高い建物が多く作られています。どれも1000戸以上のものばかりになります。新築時には当初は坪平均270万円程度でした。2LDKであれば5000万以下の物件が中心でした。現在は新築の物件が坪平均350万円近くで販売されていますので、2LDKの物件でも6000万円近い物件が中心になってきております。このように、徐々に値上がりしてきているエリアになります。中古物件も坪平均300万円以上での売買が中心になっています。

その他のエリアも含めての注意点

上記のように晴海エリアに関しては、今後交通の便がよくなることも想定されますので、今後も値上がりが期待できるでしょう。しかし、あまりに値上がりを期待して購入するのも問題があります。確かに景気がいいときに売却すれば利益は出る可能性が高いでしょう。しかしながら、不景気のときに売却をしなければならない状況だけは避けるべきです。つまり、住宅ローンなどの資金繰りはしっかり余裕を持たせる必要があるでしょう。東京都中央区のマンションは当然のことながら資産性の非常に高いものが多く存在しております。特につい最近にできたものは設備面も含めて素晴らしいものが多く存在しております。その資産性に目をつけてあまりに高いものを購入してしまうのはやはりリスクが高いといえるでしょう。