マンションをお探しですか中央区で購入なら

東京都中央区のマンションを購入するには、そのエリアの特性をしっておく必要があるでしょう。大きく二つの区分けができます。まずは、銀座を中心とした商業エリアに近い地域になります。ここは、坪450万円以上のものばかりがあります。3LDKを買おうと思えば1億円以上の値段になるでしょう。サラリーマンではなかなか手の出ない地域になります。人形町エリアになれば、銀座よりは少しお安くなります。坪400万円程度ですので、3LDKで1億円いかない程度で購入できる可能性があります。最後に、月島・晴海エリアはさらに安く坪平均350万円程度で手に入れることが可能になっています。この地域は都心3区でもっとも安いエリアとなっていますので、サラリーマンでも十分に手が出る地域になっています。

晴海・月島エリアのマンションについて

東京都中央区の晴海・月島エリアにはこの数年高層の建物が多く出来ております。特に晴海エリアはこの数年1000戸以上の建物が出来ております。この地域の特性としてすべて一つの業者が持っていた土地ですので、大規模な建物が作りやすいことが上げられます。新築当時は坪270万円程度の値段のものが中心でしたが、現在の新築は坪350万円程度になっております。そして、中古の値段も上がってきており坪300万円以上で売買が現在行われております。このように、このエリアは今後BRTや地下鉄が出来る話もありますので、交通の便がよくなると言われております。今後もさらなる値上がりが期待できるエリアといえるでしょう。資産性の向上を願いたいのであればこのエリアは購入しやすいエリアといえるでしょう。

その他の地区のマンションについて

東京都中央区のその他のエリアの住宅状況ですが、基本的には開発がもう終わっている地域ばかりですので、今後大きな値上がりが期待できるわけではありません。しかしながら、現在世界的に見ると東京は住宅が安いといわれております。従って今後日本全体の値上がりには十分期待できるといえるでしょう。この東京都中央区の特徴としては、東京駅と銀座駅が非常に近いところにあることが上げられます。つまり、外国人の需要も非常に旺盛といえるでしょう。その点を考えても今後も日本全体の人口が減っても需要は大きいと思われますので、値段は保つ方向になるでしょう。時間が経過すればマンションは一定の値段は下がりますが、このエリアはその後そこまで値段が下がらないエリアになりますので、資産という意味で持つのも一つの手になります。