購入したいマンションが中央区に御座いましたら

東京都中央区は、大きく3つに分けて考えることができます。一つは東京駅や銀座駅など周辺の商業エリアになります。このエリアにも建物が多くできており、住宅は坪500万円近い値段で売買されております。3LDKになれば1億円以上の値段がするものばかりになります。次のエリアが人形町のように下町のエリアになります。人形町は古くからの街並があり名店も多く存在します。このエリアは、坪400万円程度の値段でマンションが販売されております。3LDKだと1億円には満たない金額になります。最後が晴海・月島エリアになります。ここは東京駅から近いエリアにはなりますが、交通の便が非常に悪いエリアでしたので放置されていたエリアでした。ここでは、この3つのエリアのことを説明していきます。

晴海月島エリアのマンションについて

最初に晴海・月島エリアのマンションについて説明していきます。東京都中央区でサラリーマンが購入しやすいのはまずはここになります。先ほども書きましたが、このエリアは交通の便があまりよくなく駅から離れたエリアになっております。その分値段が安くなっており坪平均300万円程度で購入が可能になっています。3LDKでは6000万円台で購入が可能な値段になります。都心3区の中でこの値段は現状ではもっとも安く2LDKなら5000万円台で購入が可能になっております。金額面では、サラリーマンでも十分に手が出るといえるでしょう。また、このエリアは海に近いエリアですので開放的なエリアになります。海が近くそして東京に近いエリアというのは、ここ以外はないと思われます。

その他のエリアの住宅状況について

銀座エリアや東京駅に近いエリアは、坪平均500万円近い値段になります。ここまで高いとサラリーマンになかなか手を出すことはできないでしょう。次に人形町エリアのような下町のエリアになります。ここは住宅街でもありオフィス街になります。オフィス街でもありますので、ランチの時間帯は多くの人が外に出てくるでしょう。ここに住むことはこのお店をすいている時間帯に使えるというのは大きなメリットといえるでしょう。このように、東京都中央区のマンションは、基本的にすべて値段が張りますが、それぞれ特徴的なものばかりになります。近くにお店がいっぱいあるところがいいのであれば人形町エリアがよいでしょうし、海が近く開放的な場所がよければ晴海エリアがよいでしょう。どこも資産性の非常に高いところばかりになります。