中央区でマンション購入を検討される皆様へ

東京都中央区は、現在たくさんのマンションが建築されております。その中で、晴海地区などこれから発展していく可能性があるところや、東京の八重洲や銀座や人形町のように現在でも発展している地区など大きく二つに分かれて考えることができます。当然のことながら、八重洲や銀座や人形町のエリアのマンションの値段は坪平均450万円以上になりますので、なかなか購入する人にとっても高額なものになってしまうでしょう。それに比べると晴海地区などであれば、坪平均300万円程度で購入することも可能になりますので、通常のサラリーマンでも十分に手が出る金額といえます。都心三区の中では、間違いなくこの晴海地区が最安値といえますので、都心三区に住む最後のチャンスといえるのかもしれません。

東京都中央区晴海地区の住宅状況について

中央区晴海地区が、この数年高い建物が複数個、出来ております。基本的にはすべて50階立て近いものになります。この地区がこのように高い建物を作れることの理由は、一般の建物が今までなかったことが上げられます。すべて0から作られた街ですので、綺麗な町並みに仕上がっております。この地区は、現在坪平均350万円程度で新築が売られており、中古であれば坪平均300万円程度で購入することが可能になっています。すべてこの数年に作られたものですので、中古でも十分いいものが購入できるでしょう。坪平均300万円となると2LDKであればほぼ5000万円程度になります。3LDKであれば6000万円程度になりますので、夫婦共働きでどちらもサラリーマンであればほとんどの人が手を出せるレベルにあるといえるでしょう。

晴海地区以外の住宅状況について

晴海地区以外のマンションも近年多く建てられています。しかしながら、晴海地区のように大きな土地が取れませんので建物の規模は晴海地区と比べると小さくなっています。小さい建物になりますので、規模の論理が通じないので、基本的に値段も非常に高くなっています。新築だと、坪平均450万円以上のものばかりですので、3LDKになりますとほぼ1億円という金額になってきます。1億円だと通常のサラリーマンにはなかなか手が出ない金額になってくるでしょう。サラリーマンというより経営者などの方々が対象になってくる可能性が高いです。このように、現在であれば晴海地区のマンションは通常のサラリーマンから見ると新築を手に入れる最後のチャンスになる可能性があります。今後、選手村後にも出来る可能性はありますが、まだかなり先のことになりそうなので今がチャンスといえるでしょう。